分倍河原の合戦

昔昔のことです(1333年)、この地で新田義貞の軍勢は幕府軍と闘ったのです、一度は負けて退散したのですが味方の軍を立て直し、勝利に浮かれてる幕府軍を急襲して破ったのを歴史の記念碑として銅像が建っています、(京王線・分倍河原駅前の広場)
e0095142_19541821.jpg

何故こんな事を書くかというと、郷土の森の近くがその昔、合戦があったところと思えるからですこの戦いから鎌倉幕府は滅亡の道を辿ったのです。
今の郷土の森には広い公園と学術的な施設があります特にプラネタリュームは人気の的です
梅も数や種類も多くて有名で毎年梅祭りを開催します、今年が暖かいとはいえ、やはり咲いてる梅は早咲き種が10本ほどでした、でもあと10日ぐらいたてば綺麗に咲きそろうと思われます、では咲いてた梅を紹介します
e0095142_207023.jpg
e0095142_2074788.jpg
e0095142_204250.jpg
e0095142_2041250.jpg
e0095142_2043937.jpg
e0095142_2045245.jpg

咲きそろった頃にもう一度写しに行ってきます。
by ukuk5656 | 2007-01-30 20:18 | 府中市郷土の森
<< 郷土の森の梅をもう少し 谷保天神の梅 >>