両神村の丸神の滝を目指しました。

銅の露天掘りを見学した後、正丸峠を通って帰ろうと思ったのですが、
このまま帰るのでは、もの足らないし地図を見て両神村の丸神の滝を見つけました、節分草も咲いてるらしいし、覗いてから帰ることにしました、表通りから8KMも奧にあるのですが、山道にしては道幅も広いし、舗装も完璧!これなら難なく着きそうと思ったのが大間違い、ほどなく後ろから大型ダンプが迫って来るではありませんか、思わず端っこによけました、今度は上からどんどん降りてきます、毎日走ってるせいか早いのなんのって、まるでスポーツカー並でした、この上の方に採石場があるのが分かり納得!、採石場を過ぎてやっと安心して登っていくと今度は道路が凍ってる、思いっきりブレーキを踏めば川に飛び込むだろうなと慎重に走り、しばらくしてやっとたどり着きましたが、我々と同じもの好きの車が4台ほど止まってるのにはビックリ。
e0095142_18461850.jpg

徒歩20分、どうってないと、勇んで川をわたり、山道を登ろうとしたのですが、滑って歩けません、道路が完璧な氷です、二人でガッカリしていると、トレッキングシューズ履いてストックを両手に持った夫婦らしき二人がやってきて我々に「その靴ではむりですよ」と忠告をいただきました、ところがその二人アイゼンが1セットしかなく、見ているとかたほうずつアイゼンをつけてゆっくりと登っていきました、さすがアルピニストと感心していましたが、しばらくして見上げると様子が変です、片方は止まって、片方が滑る、いわゆる大股開き状態でパニクってました、助けたくても手出しはできません、下から大声で励ますしかありません、しばらくしたら滑り台を滑る要領で降りてきました、ここで教訓、アイゼンは両足に付けましょう!



ロープウェイで降りてきたら、土産物屋の店先にネコちゃんが5~6匹ひなたぼっこをしてました
e0095142_1941973.jpg
e0095142_1943764.jpg
e0095142_1945542.jpg

秩父の名山、武甲山です。
[PR]
by ukuk5656 | 2006-02-08 19:06 | 宝登山(ほどさん)
<< ちょっと前の昭和記念公園ですが せっかく来たのだから、寄り道しました >>