カテゴリ:三重県( 6 )

夏季休暇?

毎日、毎日、異常と思える暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか、しばらくblogから遠のいていましたが、のんびりと夏季休暇を楽しんでたわけではありません 実を言うとかなりハードな体験をしていました、と言うのはお盆を田舎でお袋と冷房の利いた部屋で高校野球を見て過ごして、仕事があるからと東京に帰ってきてから1週間もたたないころ弟から電話、何だと思ったら「お袋が入院した!」僕にしてはあんなに元気で食欲もあり過ぎるほど(僕と同じ食事で量も同じくらい平らげていた)何事かとにわかには信じられなかった、弟が言うには熱中症だとか、僕は内心、熱中症なら一晩入院して点滴を打てばすぐ家に帰られると思って、そう言うと弟はそうでもなくかなり重症らしいと言う、それなら一番近くのお前が行けばいいじゃないかと言うと、なんでも子会社の方に出向になり今あいさつ回りで一番忙しくて行けない!しかも女房の乳がんが再発したらしく出向先から病院へ毎日とんぼ返りしてる、頼む兄貴行ってやってくれ!てな訳であくる日の始発で出かけた、病院に着くとお袋がかなりやつれた感じで、申し訳なさそうな顔をして寝てた、僕と居た時はクーラーをつけてたけど、その後は勿体ないとつけずにいたとか、ヘルパーさんが都合よく来てくれて、うちわ片手に倒れてたお袋を見つけ救急車を手配してくれたのだそうです、訪問日があくる日ならどうなってかと思うとゾッとします、ひょっとしたら全国400人ほどが熱中症で亡くなってるそのうちの一人なりかねなかったかも・・・そんなわけで退院する10日間と落ち着くまでと3日間、田舎で過ごしました、野球を見ながら熱中症のことも話題になってたし、まさかうちわ片手で過ごしてたとは・・・ほんとお袋には参ります!帰るとき電気代は面倒見るから気にしないでと強く念を押して帰ってきたのですが、果たして・・・
てな訳でカメラは持っていきませんでした、在庫の中から近くの浅間山で見つけたアサギマダラとヤマユリを載せます
1、
e0095142_1640881.jpg

2、
e0095142_16403644.jpg

3,
e0095142_1641623.jpg

4,
e0095142_1641407.jpg

そんなわけで五郎もバテバテ!熱中症一歩手前です、皆さまも決してケチルのではなく、大いに水を飲みエアコンの利いた部屋でのんびりとお過ごしください、熱中症なんて洒落になりませんよ~
by ukuk5656 | 2010-09-04 16:47 | 三重県

結論は?

親父の1周忌も無事に済ませた後、兄弟でいろんなことを話し合いましたが、結局のところはっきりとした結論は出てきませんでした、お袋のことが心配でそのことについての話が大半で、どうしていいものか頭を悩ませました、と言うのも3兄弟ともそれぞれ家を持ちその地に根をおろしてしまってるのでおいそれとは帰ってくることが困難な状況なんです、一番下の弟が実家に一番近く何かと面倒をかけてきたのですが、彼の奥さんの健康状態がよくなく、癌が再発したらしく検査入院をしていて1周忌に参加してませんでした、僕としてはその一番下の弟に全財産を与えて家を継いでもらってお袋の面倒も見てもらう腹づもりだったのですが、それも無理なようだし、結局今は健康だし問題が無いお袋に何かあった時、3兄弟で最善尽くそうと言うなんだか抽象的な話で終わってしまいました、情けない話になって申し訳なく思いますがこれが本当の話なんで仕方ありません、ただ世間でよくある財産分与で醜い争いが無いだけよかったかなとも・・・    今回カメラを持っていきませんでした、話し合いばかりをしてたわけでなく全員で近くの観光地めぐりや名物と言われるものを食べ歩きもしましたが、カメラを置いてきたことを深く反省する次第でした、
いつまでもお袋が元気であり続けてくれることを願って帰ってきました!
e0095142_625244.jpg

by ukuk5656 | 2010-06-04 06:27 | 三重県

僕の故郷

親父が亡くなってお袋が寂しがってるだろうと兄弟で慰めようと集まりました、始発で出かけたにも関わらず一番遠い東京の僕が一番遅くなってしまった、着くなり兄弟たちに「タッチ交代!」でさっそくお袋の話し相手にさせられた、話と言うより普段から溜まった不平や愚痴や不満などがまるで機関銃のように次から次に飛んで来るきっと話し相手がいなくてこの時ぞとばかり爆発したようでした、親父が以前からテレビを独り占めして見せてくれなかったとか、近所の整形外科の治療が下手だとか社会事務所の応対が気に入らないとか隣の樋が詰まって雨水が流れ込んでくるとか・・・子供たちが正月しか帰ってこないとか・・・もう止まるところがない状態、1時間ほどうなずきながら聞いてましたがもう限界と思い再び「タッチ交代」してカメラを持ち出し故郷をしみじみ眺めつつ写しまわりました
1、名古屋から近鉄で帰るのですが途中の駅でいい具合に駅名の表示板の前で停車、日本で一番短い駅名「つ」
e0095142_19394765.jpg

2、僕の田舎は城下町なんです(松阪城)お城の周りの家はは落ち着いた生垣がめぐってます、昔いざという時のためにお城の周りは「殿町」と言って武士たちが住んでいました、ちなみに僕んちは商業地なので生垣はありません、[魚町」とか「茶与町」とか「白粉町」・・・扱うものによって町名がつけられました
e0095142_19465586.jpg

3、お城からまっすぐ降りてきたところに「御城番」(ごじょうばん)という長屋風の家並みが両側に並んでいます、ここは高給武士の家です、今で言うならば高級官僚の住むマンション?
e0095142_19513336.jpg

4、「御城番」をお城の上から見ると長屋風の造りなのがよくわかります
e0095142_19524788.jpg

5、今ではお城の建物はありませんが、天守閣跡はあります
e0095142_19553687.jpg

6、お城の中には石段が大きなものがところどころにあって、昔の武士は大男だったのかと・・・、ちょうどいい具合に千葉から来たという観光客を案内してたボランティアの人が歩き方が違うと説明してた、今の西洋風の手足を交互に動かす歩き方と違って手と足を同時に動かす「番場歩き」だと簡単にこの大きな階段だって簡単に登れると、やって見せてました、 この歩き方ってあの有名な女優マリリンモンローがやってたモンローウォークと同じ?
e0095142_2041514.jpg

7、お城の中の一角に郷土の誉れ国学者「本居宣長」の記念館と生家が移築されてます、古事記伝の註釈書で有名なのですが僕が知ってるのは因幡の白ウサギの話ぐらいかな
e0095142_2075615.jpg

8、お城を一回りして石垣をたくさん写してきました
e0095142_20143065.jpg

9,うさぎ追いしかの山、小鮒釣りしかの川、夢は今もめぐりて忘れがたきふるさと・・・の気分で昔遊んだ河原に行ってみました、着いてみるとビックリ!カモメがわんさかこのあたりから海までは6~7kmあるはず、餌をやってる人が「ここ数年今頃やってきて1月いっぱいでいなくなる」とか
e0095142_20201723.jpg

10、
e0095142_2022178.jpg

omake,
e0095142_20232038.jpg

by ukuk5656 | 2010-01-13 20:23 | 三重県

真珠島(御木本パール)

鳥羽水族館の隣が真珠島へ渡れる屋根つきの遊歩道があります、せっかく来たのですから帰りに寄ってみることにしました、ずっと以前に来たときは船で渡ったような記憶があります、
島内はきれいに整備されてて大きな展示場と真珠の販売コーナーもあり、豚に真珠じゃないけどただ一回り見るだけにしました、もっとも二人で来てたなら、ここはスルーですよね
海に向かって観覧席があるので、なんだろうと見てみると海女さんの実演があるそうです、少し時間があったので真珠の博物館などを丹念に見て回りました、
1、真珠島に渡る遊歩道の天井に子供たちが描いた絵がいっぱいぶら下がっていました
e0095142_20255045.jpg

2、真珠博物館の中には高価な真珠の冠などが飾ってありました
e0095142_20274944.jpg

3,もっと他の宝物
e0095142_20283958.jpg

4、
e0095142_20285591.jpg

5,これはイミテーションだそうです、なんだか「なすび」のようでした
e0095142_20301844.jpg

6、島内の風景です
e0095142_2032243.jpg

7,海の向こうに紅葉した島が見えます。真珠の養殖いかだも見えます
e0095142_20335223.jpg

8、いよいよ海女さんの実演開始、船に乗ってお出ましです
e0095142_20351389.jpg

9,天気はよかったですが風が冷たかった!、元気に飛び込んであっという間に潜っていきました
e0095142_20364929.jpg

10、実演の時間は正味15分くらいの短いものでしたが、すぐ間近に見られて感激ものでした
e0095142_2042118.jpg

by UKUK5656 | 2008-12-08 20:41 | 三重県

鳥羽水族館

鳥羽水族館に入ったのは何年ぶりだろう?ひょっとすると20年以上かも記憶がたどれません小学校のころにも行った気がするし、
中学校のころも確かに行った、その後にも行ってる筈なんですが子供ころのような感激がなかったのか記憶が曖昧です、
今回はばっちりカメラで写してきましたからきっとこの先も覚えているでしょう・・・たぶん・・・?
1、な、なんなんだあ~水槽の中ってお魚がいるはずだろ!
e0095142_23193064.jpg

2、これが本来の姿なんですよね、お魚がいっぱい!
e0095142_23211254.jpg

3、どうしたの?眠そうな顔して~寝不足?
e0095142_2323545.jpg

4、右向け!右っ!
e0095142_23241429.jpg

5,人気者のセイウチ君
e0095142_23251144.jpg

6、
e0095142_23254118.jpg

7,クリオネでしたよね、確か・・・
e0095142_23264781.jpg

8、こんちわ~
e0095142_23274723.jpg

9、タツノオトシゴ
e0095142_23283137.jpg

10、きれいなお魚がいっぱい泳いでいました
e0095142_23294468.jpg

by UKUK5656 | 2008-12-05 23:30 | 三重県

松阪城の紅葉

4年振りに同窓会が三重県の鳥羽市のホテルで開かれました、開催日は日曜なので一日早く松阪の実家に泊まることにしました、松阪に着くなり荷物を放り投げて真っ先に松阪城にすっ飛んで行きました
子供のころから慣れ遊んだ場所です、小学生の頃、城の石垣を登り始めもう少しで登り切る時に学校の先生に見つかり、すごすごと降りる羽目にあげくにこっぴどく叱られたこともありました
中学と高校の時の部活は訓練とかでこの坂道を駆け回ったりしたものでした、たまにはデートで彼女と散歩したりもしたっけ、とにかく青春のすべてはこのお城の公園と共に過ごしたと言っても言い過ぎではありません
1、ちょうど紅葉のいい時期に訪れることができました、もっともここで生活をしてた頃は紅葉が綺麗だなんてなんてこれっぽちも感じたことはなかった、神経が他に行っていたようです
e0095142_1939766.jpg

2、
e0095142_1940660.jpg

3,
e0095142_19404347.jpg

4,
e0095142_19413047.jpg

5,
e0095142_19424591.jpg

6,
e0095142_19431489.jpg

7,
e0095142_19441179.jpg

8,松阪城跡の一角に本居宣長邸が移築されて一般公開されています、子供のころは確か無料だったのに今では維持費が掛かるからとかで有料!
e0095142_1948339.jpg

9、この書斎で古事記伝を研究されたそうです
e0095142_1949192.jpg

10、この階段を上って本居宣長邸に入ります
e0095142_19504843.jpg

次は鳥羽の水族館と御木本パールで有名な真珠島を紹介します
by UKUK5656 | 2008-12-03 20:04 | 三重県