カテゴリ:奥多摩( 19 )

秋川渓谷から昭和記念公園

月曜日は天気が良くて、しかも晴れてるのはこの日のみとかで目が覚めてらすぐに「あきる野市」の秋川渓谷にすっ飛んでいきました、五日市駅近辺の秋川渓谷を散策してたのですが物足らなくなりバスで奥の方に移動して十里木(じゅうりき)まで行ってみました、ここでお昼過ぎまでいて、帰りに沿線上の昭和記念公園に寄り道していちょうを見て帰ることにしました。

1、五日市駅に比較的近い秋川渓谷
e0095142_15484323.jpg

2、バスで移動して十里木近くの秋川渓谷
e0095142_1550541.jpg

3、
e0095142_15502633.jpg

4、
e0095142_15504928.jpg

5、
e0095142_1551194.jpg

この後、駅まで戻り西立川駅で下車して昭和記念公園の紅葉といちょうを見学しました
6、
e0095142_15532278.jpg

7、
e0095142_15541474.jpg

8、
e0095142_1555913.jpg

9、ここからがイチョウ並木のトンネルです
e0095142_15573510.jpg

10、落ち葉を放り投げてはしゃいでる子供とお兄さん
e0095142_163897.jpg

11、自撮りでポーズしてる可愛い子ちゃん
e0095142_1643618.jpg

by ukuk5656 | 2015-11-18 16:04 | 奥多摩

御嶽渓谷

昨日、御嶽渓谷へ丸林先生率いる銀座塾の撮影会に参加してきました、天気はあまり良くなく午後は雨になるかもという予報でした、御嶽駅から多摩川のほうに向かうのですが、いつもはレンゲショウマを写しに山のほうに向かうことが多いのですが今日は逆です、ここら辺りまで上流に来ると川の中に大きな岩がごろごろしていて水が岩にぶつかりいろんな流れの急流が激しく白い波を作り渦を巻いています、それを目指してカヤックやラフティングのゴムボートが幾組か行き来していて、写真的には面白いところです。
1、
e0095142_2082157.jpg

2、
e0095142_2083674.jpg

3、
e0095142_2085417.jpg

アユを友釣りで頑張ってる人がいました、しばらく見てましたが魚信はなかったです
4、
e0095142_20102225.jpg

by ukuk5656 | 2014-09-11 20:10 | 奥多摩

アナベルの丘

武蔵五日市のちかくにあるサマーランドのアジサイを見に行った、この場所は屋内プールで有名な所なんですがアナベルの丘が見事だと言う口車に乗ってしまった、八王子からバスで30分も揺られて着いたもののプールの方は9時からなのにアジサイ園の方は10時から、仕方なくサマーランドの中にある喫茶室で小一時間つぶす羽目に!

1、確かに山の傾斜に沿って咲くアナベルは見事ですが、1週間ほど早すぎたかなって感じがしました、だからと言って他のアジサイはと言うとこれは少々遅すぎた感がしました、うまくいきませんね!
e0095142_2122241.jpg

2、
e0095142_2162545.jpg

3、
e0095142_216464.jpg

4、
e0095142_2171840.jpg

5、アナベルの丘の上にも登りました
e0095142_2181646.jpg

6、アナベルばかりだと色合いが寂しいので他のアジサイも
e0095142_2110189.jpg

7、
e0095142_2110434.jpg

8、
e0095142_21111413.jpg

9、
e0095142_21114870.jpg

10、
e0095142_21121639.jpg
  
11、
e0095142_21151598.jpg

by ukuk5656 | 2013-07-04 21:13 | 奥多摩

奥多摩散策

奥多摩の白丸駅から鳩ノ巣駅を経由して古里駅(こりえき)まで歩こうと張り切って家を出たまではよかったのですが、結局のところ白丸駅から鳩ノ巣駅まで辿りついて残念ながらここで沈没!このコースは以前と言っても10年程前になりますが白丸駅から古里駅まで苦も無く歩いたコースなんです、やはり10年と言う年月は老いを感じさせます、弁解するわけではありませんが今年は入院などして体力が落ちてたのかもしれません、ならば来年もう一度トライして若さを証明したい?  白丸駅のそばには白丸湖がありカヌーなどを楽しむ人が多いとか、その湖面の色がまた少し変なんです、名前が白丸 なんて名前がてついてるせいか乳白色に少し青みがかかってる不思議な雰囲気の湖面が広がっているのです、湖面近くまで降りて行ってみたところちょうどカヌーの実践前の講義中で、そのうち湖面に滑りだすだろうと待っていたのですが一向に講義のおしゃべりばっかりで動き出しません、とうとうしびれを切らして後にしてしまいました!
1、
e0095142_2165838.jpg

2、紅葉もちらほら見受けられました
e0095142_2181973.jpg

3、
e0095142_218517.jpg

4、白丸湖の最終地点、白丸湖ダムに下りる途中に鮮やかに映えてたイチョウが一本
e0095142_21105174.jpg

5、ダムの上からの景色、ここから更に河原に下りて行くと川の両側が岩だらけの鳩ノ巣渓谷の始まりです
e0095142_21135096.jpg

6、
e0095142_21142759.jpg

7、
e0095142_2115682.jpg

8、
e0095142_21153979.jpg

9、
e0095142_211682.jpg

10、鳩ノ巣渓谷の終点にあるつり橋からの景色、この橋を渡ればすぐに鳩ノ巣駅があります、ちょうどお昼頃だし駅前のベンチでおにぎりをほおばり、一息入れたら途端に風船みたく空気ならぬエネルギーが抜けてしまい、引きずり込まれるように改札口を抜け、気がついたら電車に乗ってました(;一_一)
e0095142_21163581.jpg

ここんところ、超がつくほどでもないのですが結構忙しく、更新もままなりません、皆様のところにも行けず心苦しいのですが今しばらく我が侭をお許しくださいお願いしますm(__)m
by ukuk5656 | 2011-12-08 21:22 | 奥多摩

御嶽山のレンゲショウマ

ここ数日、目まぐるしく変わる天気を気にしながら写友に誘われ奥多摩にある御嶽山(みたけさん)にレンゲショウマを写しに行きました、ここにはレンゲショウマの群生地がありかなり有名なところです、3日程前にも新聞でも紹介されたばかりです、傾斜地に植えてあるので下からのアングルで写せるいい立地なんですが、ただ昨日も雨が降ったらしく下が赤土でグニュグニュの状態しっかりと踏ん張らないと不自然な体制でカメラを構えると滑って転びそうになるほどです、来てる人のほとんどが衣服のどこかに泥の汚れがついてる状態です、勿論靴は泥だらけ、参脚の接地部分も当然泥がこびりついてしまいます、そんな中でどうにかこうにか写してきたレンゲショプマを紹介します!
1、
e0095142_2021899.jpg

2、
e0095142_2025262.jpg

3、昨日の雨の水滴がまだついてる花もありました
e0095142_2032086.jpg

4、
e0095142_2042894.jpg

5、
e0095142_2045690.jpg

6、
e0095142_2052326.jpg

7、
e0095142_2061333.jpg

8、
e0095142_2064599.jpg

9、
e0095142_2071331.jpg

10、
e0095142_2073855.jpg

帰りの電車の中から見えてたまっ黒な雲はあちらこちらですでに集中的に雨を降らせてたらしい、僕もいつもの駅に辿り着き自転車置き場に行こうとした途端空からポツポツと大粒の雨が降ってきた、大慌てで夢中で自転車を漕いで家に急ぎましたがわずか10分もかからないうちにびしょ濡れ、まあ撮影中は天気が良かったから、良しとしましょう(;一_一)
by ukuk5656 | 2011-08-26 20:14 | 奥多摩

奥多摩湖の黄葉

やっとこちらでも黄葉の便りが聞けるようになってきた、早速出かけようと思うのだが、どこがいいか迷うところです、奥多摩?高尾山?昭和記念公園の日本庭園?昇仙峡?結局選んだのは奥多摩湖にしました、昭和記念公園も高尾山も人が多いだろうと敬遠、昇仙峡も魅力いっぱいですが少し遠い、と言う訳でのんびりと7時半ごろ家を出て電車を乗り継ぎ奥多摩を目指しました、電車の中はやはりそれらしい格好をした人が多い、でもトレッキングシューズの人は途中の御岳山が目的らしく半数の人は御岳駅で降りた、でも奥多摩駅に着いたけどやはり凄い人気、バスを待つ人は一番奥まで行ってUターンする形で並んでる状態、マイク片手の職員が「臨時バスが出ますから、安心してください」とアナウンスしてた、するとバスが2台続けて入ってきた、1台目に並んでた人の半分ほどが乗り込み、僕は2台目に余裕で乗れた、バスは狭い道を右に左にハンドルをきって進んで行く、途中の多摩川にかかる橋を渡るとき、鮮やかな黄葉がよく見えた、これなら奥多摩の黄葉も期待できると内心浮き浮き気分になってくる自分がよくわかった!
1、バスを降りるとすぐ目の前が奥多摩湖、天候が少し曇り気味で景色がはっきりと見えない感じがした
e0095142_15362172.jpg

奥多摩湖は1957年に東京に水を供給するために多摩川をせき止めてつくった人造湖です、現在の東京の水道水は利根川系と荒川系から取水してますが、奥多摩湖は渇水時の緊急用として貯水してるそうです、湖面の周囲は45km有るとか!
2、奥多摩湖のダムから少しづつ多摩川に放水していて、その周りの山は綺麗に秋色に黄葉していました
e0095142_15471986.jpg

3、
e0095142_1550156.jpg

4、放水口の右側の山にはまだ日があったっていません、やっと稜線に太陽が届き輝き始めた
e0095142_15536100.jpg

5,狭くなってる対岸の黄葉が水面に写って綺麗に輝いてます
e0095142_15555088.jpg

6、遊歩道際の桜の木が綺麗に紅葉してました
e0095142_1605281.jpg

7,この木はなんて言うんだろう、綺麗に輝いていました
e0095142_162611.jpg

8、遊歩道に秋色に染まった木々が覆いかぶさるように迫ってきます
e0095142_1664393.jpg

9,本格的なトレッキングスタイルの二人が急ぎ足で脇を抜けて行きました、おそらく14km先の「山のふるさと村」に向かってるのだろう、僕は遊歩道が途切れるところまで、その先は山道で険しくスニーカーでは無理?
e0095142_16134579.jpg

10,所どころで少しですが赤く染まったもみじも見かけることができました
e0095142_16162572.jpg

おまけ、
e0095142_16174114.jpg

例年、遊歩道には落ち葉がびっしり覆いかぶさりほんわか気分で歩けるのに、何故だか今年は落ち葉が少ない、おまけに輪立ちが出来ている、ここは自転車、バイク、自動車の立ち入り禁止なんだけど?遊歩道の終わりの方で何か工事らしきものをしてたけどそれが影響してるのかな? 今回はコメントオフにさせていただきました、申し訳ありません!
by ukuk5656 | 2010-11-14 16:18 | 奥多摩

奥多摩湖散歩の続き!

奥多摩湖に沿って続いてる遊歩道を歩いて散策した景色の続きです、16キロほど歩けばふるさと村(ビジターセンター)に辿りつけるはずなんですが、これは無理と初めから行く気はなかったです、6キロ先にトイレがある突端みたいなところまでは行く気でいたのですが、3キロ過ぎでゆったりした広い遊歩道が突然なくなり、まるでけもの道のような細い道になってしまいました、この道にさしかかった時去年の熊のひっかき傷を思い出し怖くなってそこから引き返しました、こんな細い道で襲われたら逃げることもできません、勇気ある?撤退です、来た道を引き返すのですから写すのも似たような写真になります、若干時間の経過とともに光の射し込みが違うぐらい、でもそれが行きとは全く違った雰囲気をみせてくれたところが何ヶ所かありました、
1、行きでは写せなかったしっとり落ち着いた雰囲気の湖面
e0095142_13552524.jpg

2、でも一変してこんな賑やかな雰囲気もあります
e0095142_13573081.jpg

3,全体的に紅葉する木は少なかったですが、ところどころで鮮やかに見せてくれました
e0095142_13592725.jpg

4、
e0095142_13594862.jpg

5,湖面が青と緑とにはっきり分かれてるところがありました
e0095142_1413839.jpg

6、白い綿毛のような感じの植物が目に付きました、上には葉っぱがい一枚!
e0095142_144662.jpg

7,どうも向こう岸は紅葉する木が少ないのかな?
e0095142_146540.jpg

8、行きにも写した場所(前回の9枚目)ですが光の加減か湖面への木々の写りこみが写せました、こちらの方が雰囲気がいいみたいです、
e0095142_1482249.jpg

9,
e0095142_1495259.jpg

10,つづら折りに見えるのは道路かな?
e0095142_14112360.jpg

おまけ、左に見えるダムの上を歩いてきました
e0095142_1412471.jpg

おまけ2、花筏ならぬ落ち葉筏?
e0095142_14134411.jpg

昨日の天気が良かった時に野川から神代植物園まで自転車で、出かけました、植物園の紅葉はまだ少し早かったですが、次にUPしたいと思います、もう一度時期を見て出直したいと思います!
by ukuk5656 | 2009-11-22 14:16 | 奥多摩

奥多摩湖散歩!

先週の日曜日は思わぬ、鉄道の事情で諦めた奥多摩散歩でしたが、今回は無事に行き着くことができました、紅葉を探しに行こうと思った時まず候補地として、高尾山、御岳山(みたけさん)、奥多摩湖、高尾山は京王線だし残りの二つはJRです、高尾山の頂上付近のモミジの紅葉も捨てがたいし・・・でもある人のblogに平日で雨が降ってるのに物凄い人出!恐れをなして引き揚げた・・とあり諦めることに、JRホリデー快速で奥多摩に行くことにしました、御岳山の紅葉もきれいだそうだしここを散策して時間があれば奥多摩か奥多摩湖にと思っていたのですがいざ御岳山に着くと降りるは降りるは電車の3分の2程の人が降りてしまいました、当然ホームにはあふれんばかりの人の波、改札に向かう出口が狭いのも原因でしょうがそれにしても凄い!しばらく電車は止まってましたが人の波がはける気配は全くなし、これをみて再び電車に乗りなおして奥多摩に向かいました、そういえば数年前も同じことがあったなあ!奥多摩駅に到着、多摩川に沿って散策も面白いのですがバスが目の前にいたので奥多摩湖に行くことにしました、去年は奥の方までいって浮き橋を渡り散策中に熊の爪痕を発見、こわごわ歩いたのを思い出し、今回は逆のコース奥多摩湖に沿った散策コースを選びました、
1、バスを降りてすぐの景色、左手の奥に見えるダムの上を歩いていくことに
e0095142_19561773.jpg

2、
e0095142_19592069.jpg

3,一本の紅葉した木と、向こうの山の稜線の紅葉とのコラボ?
e0095142_2015085.jpg

4、向こう岸も紅葉してます、あのあたりに奥多摩街道が通ってるはず
e0095142_204712.jpg

5、湖面のブルーが鮮やかです、ほんと大げさでなく、誇張も無く本当に青い絵の具を溶かしたみたいに見えました
e0095142_206557.jpg

6、湖面に突きだしたような紅葉
e0095142_2073224.jpg

7、ブイの上になにか黒いものが点々とよく見ると鵜でした
e0095142_2095176.jpg

8、遊歩道に覆いかぶさるように黄葉した木々が
e0095142_20121451.jpg

9,
e0095142_20131551.jpg

10,
e0095142_2015479.jpg

omake,周りを見回してもご両親と言うか誰もいないのです、気になってしばらくそばにいましたが、やがてもっと小さい子供を連れて若い夫婦がやってきました、何故か一安心!
e0095142_2016919.jpg

もう一つomake、地面はずっと先まで落ち葉街道、ふわふわとやわらかくて気持ちがよかった!!
e0095142_20202229.jpg

今回も馬鹿みたくたくさん写してきました、奥多摩湖がしばらく続くかもしれません悪しからず!!
by ukuk5656 | 2009-11-19 20:23 | 奥多摩

塩船観音

世の中はすでに大型連休に突入していますが、こちらはやっと遅まきながら連休になりました、と言っても自由気ままに過ごせるわけではありません、庭の雑草の傍若無人振りを戒め、なおかつ金木犀も伸びに伸びた枝を切り詰めなくてはなりません、等々何の為のGWなのか・・・、3日からこれらをやり遂げると言う約束を取り付けて、やっと2日に青梅市の塩船観音に行くことができました、以前に一度行ってるのですがblogをpart1から見直しても載っていないので多分5年以上前だと思います、皆さん車で出かけてる方が多いでしょうが、どこにも行かず近所でお茶を濁す人も多いはず、早い目に到着して皆さんが来るころには帰るという作戦で出かけました、
1、塩船観音つつじ寺は山の形を利用したユニークでまるで劇場のような形をしていますつつじに周りを取り囲まれその底の部分に本殿が建っています、写真では分かりにくいかな?
e0095142_21335716.jpg

2、
e0095142_2134223.jpg

3,
e0095142_21344456.jpg

4,
e0095142_2135556.jpg

5,つつじの一つ一つは人の背丈ほどもあります、写真では大きさが分かりませんが真ん中あたりでベンチに座ってる人と比べてください
e0095142_21354146.jpg

6、どこを撮ってもおんなじ景色に見えてきます、少し変化をつけなくてはと焦ってきました
e0095142_21392947.jpg

7、
e0095142_2140074.jpg

8,
e0095142_21403350.jpg

9,
e0095142_21411468.jpg

10,派手な色合いのつつじの中でうす紫色の目立つつつじがありました
e0095142_21422553.jpg

おまけ!出口あたりの藁ぶき屋根に苔がびっしりなのが目につきました、草も生えてました
e0095142_21452458.jpg

おまけ2、「塩船観音入口」というバス停の前にある小川に50mほどクレソンがびっしり!白い小さな花もびっしり!
e0095142_21474240.jpg

by ukuk5656 | 2009-05-03 21:48 | 奥多摩

奥多摩湖の紅葉

自分ばっかし出かけてばかり~という鋭い視線を避けるためと家庭円満のために二人で奥多摩の紅葉を見に行きました、でもバスは奥多摩湖から山梨に抜ける峠越えのコースがないとのこと
仕方がないので奥多摩湖の一番奥にある浮橋に行ってみることに、もっと手前の通称ドラム缶橋は有名ですがここのはちょっとマイナーかな?紅葉のシーズンというのに降りたのは我々だけでした
もちろん歩いてるのも我々だけ、ただ浮橋の上ではワカサギを狙って釣り人が3人いましたが遊歩道は寂しい感じでした、ところがこの遊歩道で背筋がぞ~っとすることが・・・・・それは後ほど!
1、奥多摩湖の中ほどにあるドラム缶橋より少し小ぶりな感じです,後から気がついたのですが画面の中ほどの水中になにかアルファベットが見えるのです、なんて書いてあるか分かるる人いますか?
e0095142_7465815.jpg

2、
e0095142_7474146.jpg

3、遊歩道から
e0095142_748816.jpg

4、
e0095142_7484181.jpg

5、1か月ほど前に奥多摩で登山家がクマに襲われ重傷と新聞に載っていましたし、駅にも張り紙がしてありました、
途中の電車の中でも登山する人が鈴を鳴らしてクマよけだと話してたっけ、それでもよそごとのことで自分には関係はないと思ってました・・・・ところが途中の小さな木の橋に差し掛かると
e0095142_7552333.jpg
くまの爪痕です、木の橋の上に3か所も!すでにもうかなり来ています、戻るか進むか?もし出会ったらおにぎりをほおり投げて逃げようと話し合いました、
6、それからは二人で大声で話し合いながら進みました、人がいると熊は避けると聞いていたからです
e0095142_835717.jpg

遊歩道は落ち葉がびっしり、その上かなり傾斜が湖に向かってついています、うまく逃げられるのか・・・
7、なんだか向こうから気配が、確かに何かがいるようです、大声で声を張り上げてそうっと進みました、な~んだ人間だあ~しかし猟銃を持った猟師さんです、やはりいるんだそうです、ゾオ~~
e0095142_884052.jpg

8、猟師さんが通ってきた道には熊がいないわけですから安心して次の橋に急いで向かいました、橋が見えてきたときは、ほんとホッとしました!
e0095142_815172.jpg

9、もうここまでくれば一安心、橋の上からパチリ!
e0095142_822248.jpg

10、
e0095142_8222734.jpg

普段生活してる場所からは想像すらできません、でもまだ奥多摩には自然が残ってるんです!
by UKUK5656 | 2008-11-16 07:37 | 奥多摩