カテゴリ:三渓園( 4 )

三渓園の梅

ここ三渓園は明治大正にかけて製糸・生糸貿易で財をなした原三渓(本名富太郎)さんが広大な敷地に歴史的な建造物を移築したり2つの庭園を築いて四季折々の自然を楽しんだそうです、明治39年には一般に公開されてたそうです。
 
1、
e0095142_18275812.jpg

2、三渓園のシンボル的な3重の塔を背景に
e0095142_18293119.jpg

3、園内では結婚式の前撮りで着飾った二組がすれ違い
e0095142_1831545.jpg

4、
e0095142_18325458.jpg

5、
e0095142_18332415.jpg

6、
e0095142_18335192.jpg

7、
e0095142_18341666.jpg

8、トサミズキかな?(ヒュウガミズキかも)
e0095142_18362078.jpg

9、待望の臥龍梅です、地面に這うように幹が伸びています、まるで竜のようです
e0095142_18374157.jpg

10、
e0095142_183868.jpg

by ukuk5656 | 2015-03-04 18:38 | 三渓園 | Comments(6)

三渓園もこれで終わりにします、

たくさん写してきましたが、いざUPしようと整理してみると、無い!ろくなのが無い!
それでは一週間、間が持てないので申し訳ありませんがおつき合い願います。
  この日は午後から寒くなってきて、ボランティアの方々が休憩所でお茶をサービスしてください  ました、その時お茶をいただきながら、写したのがこの写真です。
e0095142_1884516.jpg

  木立の中の茶室を写してみました、こんな感じのところでお茶を一服!いいでしょうねえ!
e0095142_18114519.jpg

  臥龍梅(がりゅうばい)と言うんだそうです、確かに幹の感じが龍の様に見えますが花はまだつけてませんでした、どんな梅が咲くのかな?
e0095142_18174597.jpg

 ネコヤナギを見つけました、ハマのねこさんが手伝ってくれました、(撮りやすいように枝を引き寄せてくれたのです)ルール違反です!
e0095142_18212390.jpg

 それと梅だけじゃないってところもお見せします。
e0095142_18221542.jpg

  三渓園の紹介はこれで終わりです、また別の季節に行きたいなあと思っていますが、次は蓮もいいかな?あるいは夜間のライトアップもいいかなと思いを巡らしてます。
by ukuk5656 | 2006-02-22 18:28 | 三渓園 | Comments(28)

三渓園の梅の続きです

広くて建物も多く、夢中でシャッターを押してばかりでした、なんか思いつきのUPばかりでとりとめがありませんが、雰囲気だけでも伝わればと思っています。
   池に小さな船が浮かんでましたが、まるでカワウのすみかのようでした。
e0095142_18472775.jpg

   三渓園の梅です、名前が分かればいいのですが・・・
e0095142_18524019.jpg
e0095142_18525321.jpg
e0095142_1853949.jpg

   三渓園の落ち着いた雰囲気が伝わればいいのですが、
e0095142_18553171.jpg
e0095142_18562345.jpg

 これでもほんの一部です、三渓園の素晴らしい雰囲気が少しでも伝われば幸いです。
   
by ukuk5656 | 2006-02-20 18:59 | 三渓園 | Comments(28)

横浜の三渓園へ行って来ました。

フォトキット神奈川支部のお誘いを受けて撮影会に参加しました、まだ梅は蕾が多く少し早かった感じです、広い庭園は池あり丘ありいろんな建物もあり合掌作りもありました、四季を通じて花が切れること無く様々なが咲き揃うとか、桜も、蓮も、紅葉も撮影スポットで有名だそうです、それぞれの季節に又行きたくなりました
        三重の塔はここの庭園のシンボル的な建物です。
e0095142_7122532.jpg

       この梅は緑萼梅(りょくがくばい)でその名のとおり全体的に緑っぽく見えます。
e0095142_7173712.jpg

      その他いろんな庭園の中の風物を紹介します。
e0095142_7202611.jpg
e0095142_7204899.jpg
e0095142_7213085.jpg

     たくさん写してきました、後日続きをUPします、この日はとても寒むかった、暖かい日と寒い日が周期的に来るみたいです、昔から三寒四温って言うように、春が来る前の気まぐれな天気です。
by ukuk5656 | 2006-02-19 07:31 | 三渓園 | Comments(34)