こもれびの里がオープン

「こもれびの里」は昭和の30年代を再現した武蔵野の農村風景だそうです、コスモスの丘のすぐ隣にできた施設なのでコスモスを写してるときから気になって仕方がありませんでした、早速、中に入ってみると建物も水車小屋もすべてが新築でピカピカ!???なんか違うぞ!  そう!自分が想像してた農村もっと古くてもっと使い込まれた渋い雰囲気だと思っていましたから、そのギャップが大きく感じたのです、でも中では地元の中学生が太鼓を打ち鳴らしお祭りの気分を盛り上げていたり、小さな子供たちは風船すくいや、竹とんぼ、竹馬、などで遊びながら楽しんでいました、
1、コスモスの丘からも大きなのぼりが見えます
e0095142_694078.jpg

2、元気印の子供たちの打ち鳴らす太鼓の賑やかなこと遠くまで響いていました
e0095142_6113394.jpg

3、フラフープって昭和の30年代に流行ったのでしたっけ?
e0095142_6135499.jpg

4、かかしも当然立っています
e0095142_6143691.jpg

5、かかしが立っているのですから田んぼも当然あります
e0095142_6163031.jpg

一通り見学しましたが、なにせオープンしたて!人が多くゆっくりできませんここは次のときじっくり見学したいと思いました、「こもれびの里」を後にして当ても無くぶらぶらと歩いて何かいいものがないか探してみました
6、ん!誰か木に登ってる!最近の子供にしちゃ珍しい木登りができるなんて!!近づいてみて
もっとビックリ!なんと女の子たちでした!!・・・・・・男として複雑な心境
e0095142_6243370.jpg

7、公園の中はもう秋色が忍び寄ってきています
e0095142_627184.jpg

8、コスモス畑で見つけたかわいい子!
e0095142_6285798.jpg

9、シュウメイギクも咲いていましたピンクと白
e0095142_6315451.jpg

10、
e0095142_6321795.jpg

by ukuk5656 | 2007-10-20 06:33 | 国立昭和記念公園
<< 第84回箱根駅伝予選会 国立昭和記念公園のコスモス!! >>