国木田独歩が歩いた道

急に国木田独歩の「武蔵野」の中にある桜橋から小金井まで歩いてみたくなりました、実は、ん十年も前から思っていたことなのに実現しませんでした、近いからいつでも行けるという甘さがそうさせてのかもしれません、独歩が描いた武蔵野は都内から所沢、そして八王子の手前から中目黒に至る今では想像も付かない広大な「武蔵野」楢(なら)の雑木林が広がっていたようです、自分は武蔵野は多摩地区だけの事かと思っていました、彼の「武蔵野」を呼んでそれが間違いだと気づいたものでした、独歩が「武蔵野」の中でここ桜橋を訪れたのは真夏のことでしたが、今は春で気候も違うし同じ思いにふけるには少々難がありますがその気分で辿ることに!

1,桜橋のたもとに記念碑があるのにはいささか驚きました
e0095142_66362.jpg

2,
e0095142_665240.jpg

3,玉川上水に沿って桜並木が続いています、独歩も歩いた道かと思うと感慨もひとしおです
e0095142_692071.jpg

4,遊歩道は狭くやっと人がすれ違いができるほどです
e0095142_6122961.jpg

5,玉川上水に沿って五日市街道が走り南側は民家が沿って建っています、花も植えられて散歩中の人々の目を楽しませてくれます
e0095142_6163154.jpg

6,
e0095142_6173350.jpg

7,のんびりと散策してる人や自転車で通る人もいました
e0095142_6185199.jpg

8,遊歩道からは玉川上水の水面は草木で見えませんが、途中で横切る橋からは水面が
よく見えます、鯉に餌をあげてる親子づれも見かけました(顔が写ってるので遠慮しました)
e0095142_6222951.jpg

9,緑と遊歩道がづっと続く一本道、ここはもう小金井公園のすぐ近くまで来ています
e0095142_6254912.jpg

10,木陰で一休み!
e0095142_6265446.jpg

小金井公園に寄って帰ることに、念願の国木田独歩を巡る散策はこれでひとまず終わりました
暑い日で少しは独歩の真夏の日の雰囲気を味わう事ができた気分でした。



e0095142_6354188.jpg

by ukuk5656 | 2007-05-22 06:34 | ご近所 | Comments(28)
Commented by biigle at 2007-05-22 07:16
文学散歩ときましたね!
新境地開拓ですかぁ?
なかなか良い雰囲気の散歩道なんですね!
Commented by kanmyougama at 2007-05-22 08:36
「武蔵野散策」・・・・・・・よかったですね・・・・。
「武蔵野」「国木田独歩」と言うとどうしても忘れられないインパクトの強い出来事だったと見えて、必ず記憶がよみがえって来る出来事があります。もう50数年前のことなのに鮮明に記憶がよみがえります。
国語の「現代国語」に「武蔵野」が教材として出ていました。
今は「武蔵野」の中身は記憶していませんが。
教官に当てられて朗読のときです。
<・・・さる白樺の・・・・・>という読み方を何回もさせられたのです。
サルシラカバと言うシラカバと思い込んでいました。「・・・去る白樺の・・・・」に気がつきませんでした。朗読を途中で辞退しました。
ほろ苦い思い出です。
Commented by n0n0n at 2007-05-22 12:52
初めて見せていただきました。独歩さん「ものすごい」という言葉を使っておられましたが...「野外は風雨の声ものすごし。」なんて今の若者と似ていて面白いなあと読ませていただきました。刺激をありがとうございましたm(_ _)m写真の中で知っているのはキンポージュだけです^^;みごとに咲いていますね。
Commented by tachi-aoi at 2007-05-22 15:26
ここは、車で通るだけですが、道が込んでいる時は、遊歩道を歩く人々が羨ましく思うこともあります。
「武蔵野」の散策お疲れ様でした。
また見せてくださいね。

Commented by mimishimizu3 at 2007-05-22 15:35
実は・・・・
学生時代、同じことをしたことがあります。五郎さんが同じ道を歩かれたなんて、びっくりしてしまいました。
40年前のことで、もうほとんど忘れてしまいましたが、当時の面影は残っているようです。
懐かしいです。ありがとう!!
Commented by シゲ at 2007-05-22 20:13 x
こんばんは。
私は国木田独歩の武蔵野を読んだ記憶がありません。私にとって武蔵野は朝霞・志木・から川越あたりです。昔は雑木林が延々と続き、その間に農家がポツリポツリでした。
Commented by ironsky at 2007-05-22 21:25
武蔵野を巡る、いいですね。
カメラを持って、のんびりと歩くと、いろいろな発見があり、楽しいものです。
ご苦労様でした。
私も歩いてみたくなりました。
Commented by yohira94 at 2007-05-22 21:56
こんばんは
五郎さんは文学青年だったんですね

真夏の雑木林を歩く
いいですねぇ~なにかいい空気が漂ってきます
セミの声も聞こえます
汗を流しながらのんびりと歩く
いいですね~(^^
Commented by miytan at 2007-05-22 23:18 x
五郎さん (* ^-^)ノこんばんわぁ♪
これだけ木々が繁っていると、涼みながら散策できますね!
文学散歩、趣があっていいですね~!間もなく文壇デビューですか?
Commented by 五郎 at 2007-05-23 05:26 x
biigleさんおはようございます
たまには趣を変えてみようと思いまして・・・>^_^<
柄になく文学散策などを行ってしまいました
皆さんには性格とか行動がバレバレですから、すこし狂ったかと
写るかもしれませんが、たまにはご愛敬ということでf(^ー^;
Commented by 五郎 at 2007-05-23 05:32 x
上名窯さんおはようございます
師匠にそのような過去があったなんて驚きです、でもその時すらすら
と読んで文学に目覚めてたら、ひょっとして今の上名窯さんは存在して
なくて文壇会で小説家として名を馳せてたかも知れませんね・・・
なにが幸いするか・・・・ちょっと大げさでした(^_^;)
Commented by 五郎 at 2007-05-23 05:42 x
n0nさんおはようございます
あれま!早速お読みになったのですね、短編小説ですから簡単だったでしょう
僕なんか難しい字にひっかかり、検索するうちに面倒になり、だいたい
こんな意味だろう・・・って感じで勝手に解釈して先に進みました、
彼の書いた頃の年代と?同じでしたからすぐに理解できました???
何て言うか、たまたま地域的に近いものですからやってみただけで
単なる物好きと御理解してください(^_^;)
Commented by 五郎 at 2007-05-23 05:50 x
tachi-aoiさんおはようございます
この玉川上水に沿って歩いたなんて実は僕も初めてでした、
いつも同じように横目で羨ましく眺めていたものでした、いつかはと
思っていたので念願がかない少々疲れましたが満足してます、
カメラ、ゴルフ、観光地、史跡名跡など刺激が無いと体を動かさない
のでこれからもこれらを刺激にして動こうと思っています>^_^<
Commented by 五郎 at 2007-05-23 06:00 x
mimiさんおはようございます
えっ!すでに同じように歩いた経験がおありなんですか?驚きました!
でも考えてみると文学少女ですから当然の行動かもしれませんね!!
mimiさんの文学的なblogにかなり影響されてます、武蔵野夫人も
読もうなんて思い立ちました、テレビとかマンガばかりじゃ・・・ね
ところで6月はいつごろ?武相荘一緒に行きましょう!(*^_^*)
Commented by 五郎 at 2007-05-23 06:11 x
シゲさんおはようございます
武蔵野の面影はまったくと言っていいほど姿を消しました、道路が出来、
家がゾクゾクと建ち並び、独歩が今の姿を見れば腰を抜かすでしょう
<雑木林が延々と続き、その間に農家がポツリポツリでした
とありましたが、武蔵野の中で全く同じ事が書かれていました、当時ですら
すでに武蔵野は失いつつあると書かれていたのには少々驚きでした
自然は大事にとは分かっていても、進む開発の手は否応無しに自然を
奪っていきます、そしてなんの意識もなくその中で生活しています
Commented by 五郎 at 2007-05-23 06:21 x
ironskyさんおはようございます
たまには変わったことがやりたくてカメラ片手に歩いてみました
玉川上水に沿って遊歩道が何十キロと続いていて散歩には最適な
環境です、tachi-aoiさんも言われるように、車の中から眺めるだけ
でした、それがやっと念願かない歩くことができました、やればいつでも
できたのについつい伸び伸びでん十年もかかりました(-。-;)
車でさっと通ると気づかない事も歩くとまるで別の世界の様で、草花も
手に触れることができるし、鯉が泳いでるのも驚きだったし、エサに
鳩も雀も寄ってきたのも新鮮な驚きでした、たまには良いものですね
これからも◯◯散策を見つけてやってみようと思っています(*^^)v
Commented by 五郎 at 2007-05-23 06:29 x
yohiraさんおはようございます
文学青年だなんて言われると嬉しくなってきますが、本当はそうでは
無いんですよ、たまたま気になってただけなんですから・・・(^0^;)
独歩が歩いた真夏の上水路はどんなだったろうと気になりますが
さすがに真夏だけはちょっと遠慮したい気分です、きっと汗でグッショリで
色気も文学もないと言う状態では無いでしょうか、当時はアスファルトの
道もなくもう少しましな環境だったのかもしれませんね、これからも
カメラ片手に何かを探して歩こうと思ってます>^_^<
Commented by 五郎 at 2007-05-23 06:39 x
miytanさんおはようございます
文壇デビューだなんてとんでもないっす、そんなことを言われると
その気になって来るではありませんか?(*^_^*)←ウソです
ここの上水路は木々が茂り散歩には最高の環境です、車で通るだけ
でしたが、やっと歩くことができました、日曜日でもっとたくさんの人が
歩いていると思ったのですが以外と少なく?と思いましたがこの日は
やけに暑い日だったし散歩という雰囲気でも無かったかも知れません
でもやっと念願かない肩の荷が降りた気分です、これからもカメラを
片手にいろんな所を歩いて見たいです、良いところがあれば紹介
お願いします!!!
Commented by moon-pon at 2007-05-23 08:29
とっても素敵ですね。
歩いてみたいし、歩いてるみたいでもあります。
ブラシツリーっていうのでしょう、真っ赤な木の花。
以前から通りがかりのところにあって、
鮮やかな色とユニークなかたちに惹かれていました。
散歩の途中にいろいろな花にも出逢って、ああ、なんていいところでしょ・・・。
Commented by 五郎 at 2007-05-23 18:47 x
moon-ponさんいらっしゃい
あれ?こんな時間に?まさか今流行のハシカで休校じゃないですよね、
この赤い瓶ブラシのような花、今が盛りのようにあちらこちらで見ることが
できます、派手な色と変わった形なのですぐに目につきますね!
ここの遊歩道は緑が続いていて楽しめます、多くのひとがジョギングや
散歩を楽しんでいます、文学散歩もたまには良いものです!∈^0^∋
Commented by yaso-bana at 2007-05-23 21:24
一緒に「武蔵野」を、歩いている気分になれました。。。^^)/
こういう、静けさの漂う散策もいいものですね。  
Commented at 2007-05-23 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kagetu2006 at 2007-05-23 22:46
五郎さんの風景写真には人物が入っているので好きです。
人物が入ると写真が変わります。
私だけかも知れんですが、写真が生きているように見えます。
お祝いのコメントありがとうございました。
Commented by にゅうぽ at 2007-05-24 05:20 x
9時から4時まで寝てましたにゅうぽです(*- -)(*_ _)ペコリ

なるほどー
こういう探索をしながらの写真というのもいいものですねぇ(゚ー゚*)
6番の写真
束子の丸める前みたいですね(´∀`*)ウフフ
Commented by 五郎 at 2007-05-24 05:42 x
yaso-banaさんおはようございます
武蔵野の面影はすっかり消えてしまいましたが、この上水の周り
だけはかろうじてその名残を留めています、開発も人が住む上で
必要かなとは思いますが、自然が消えていくのには耐え難い
悲しい気持ちになります、独歩もきっと嘆き悲しんでいるかもしれません
Commented by 五郎 at 2007-05-24 05:45 x
鍵コメさんありがとうございます
暇なときだけでいいんですよ、
でもお気持ちはとっても嬉しいです(*^_^*)
Commented by 五郎 at 2007-05-24 05:50 x
kagetuさんおはようございます
素晴らしい写真をいつも見せていただいて感謝しています
もうすでに各分野を手の内に入れたみたいですね、
これからkagetuさんがどのように伸びて行かれるか
大いに興味の湧く所です、今の仕事とのセミプロのような
形になるのでしょうか、個展も是非開いては見てはいかがでしょう
Commented by 五郎 at 2007-05-24 05:56 x
にゅうぽさんおはようございます
前々から気になっていたのでやっと念願かないました
歩いてみると思いとは違って単純な細い道と緑だけなんです
それで、ついつい沿道の家の花に目が行ってしまいました
この瓶ブラシのような花、強烈な色で目につきますね、あちらこちらで
咲いています、キンポージュと言うんだそうです!
<< 僕は蒸気機関車の運転士 雨の土曜日 >>