スノードロップ

冬に咲く希望の花
寒い日が続いてますね。
昨日立川市に行く用事があったので昭和記念公園に寄ってみた
冷たい空気が頬に染みてきたけど見たい花があったのです
、一番のお気に入りは、「スノードロップ」
花言葉は、「希望」「初恋のため息」
ロシア詩人・マルシャーク「森は生きている」の中ではこの花にまつわる素敵な伝説が・・・。

エデンの園を追われて、雪の降る冬の世界へ追い出されたアダムとイブ。
永遠に続くかと思われる冬に対して、絶望を感じる二人の前に天使が現れ、
「必ず、暖かい春がやってくる・・・」と
天使は二人を慰める。そして、天使がひとひらの雪に息を吹きかけると、溶けた雪のしずくがスノードロップの花となり、「希望」が生まれた・・・。
今にも滴りそうな雪のしずくの花。
寒い冬の中で咲いている様を見ると、心がほんわか温まります
1、
e0095142_9483246.jpg

2、公園の中の日陰部分はまだ雪が溶けず残ってた
e0095142_9514919.jpg

3、初めてお目にかかったスノーチューリップ
e0095142_954558.jpg

4、
e0095142_954356.jpg

5、ミツマタも温かそうな毛糸をまとって春が来るのを待っていました
e0095142_9561842.jpg

6、菜の花畑
e0095142_9571830.jpg

7、この公園の象徴的噴水も寒そう
e0095142_9582916.jpg

by ukuk5656 | 2013-01-22 09:58 | 国立昭和記念公園
<< 冬の植物園 初雪 >>