パリの街並み

あっという間に過ぎてしまった1週間のパリ旅行、慌ただしく駆け抜けていった感が強いですがあれもこれもと詰め込んだ内容ですから仕方が無いかもしれません、今度来るときはこの中から一つ選んでじっくりと街の中に溶け込みオープンカフェテラスでのんびりとビールでも飲んで街を行く人々を眺めていたい、   バスなどで移動中とか2階建のオープンバスに乗ったりして写したパリの街並みの写真がたくさんありますが、どれも移り行く街並みを急いでシャッターを押したものばかりで、状況写真ばかりですが僕にとっては宝物のようなものです、見るたび思い出してきます。
1、エッフェル塔はホテルから近かったので歩いて見物に行きました、できれば登ってみたいと思いましたが順番待ちの列の多さに恐れをなして諦めました
e0095142_2127175.jpg

2、エッフェル塔のすぐ前をセーヌ河が流れています、セーヌ河クルーズの船着き場所もありましたが時間が無くて乗れませんでした
e0095142_21293152.jpg

3、パリの街並みは何処を写しても絵葉書になるって感じでした
e0095142_21324469.jpg

4、凱旋門も沢山写しました、バスの運転手さんが気を利かしてくれて2周も回ってくれました、ちなみに彼の奥さんは日本人とか!
e0095142_21355469.jpg

5、走るバスからうまく写すことができました
e0095142_2136475.jpg

6、エジプトにあったオベリスクが何故かパリの街に、聞いた話ですが昔懐中時計と交換したとか・・・本当かなあ
e0095142_21392168.jpg

7、
e0095142_21394339.jpg

8、
e0095142_21402935.jpg

9、ノートルダム寺院
e0095142_21411430.jpg

10、ノートルダム寺院の近くで見かけたパリジェンヌ
e0095142_21423323.jpg

11、セーヌ河沿いに古本市がずっと続いています、パリの名物になってるそうです
e0095142_21435648.jpg




いよいよ日本に帰る日が来てしまいました、予定時間に集合してるのに何故か搭乗手続きが始まりません手荷物の積み込みに時間がかかってるとアナウンスがありましたが、約1時間ほど遅れて搭乗手続きが始まりました、また腰に負担が来る10時間超が来るのかと少々心配になってきたけどパリにいた間はひどくならずにすみ助かりました、今回も通路側だといいと思ったけど3列の真ん中でした、行きのように思うように歩き回ることができないと覚悟をしました、やがて飛び立ち一路日本へと行く筈だったのですが3時間ほど経った頃アナウンスで「アッパーデッキ(2階)付近で異音が出ているのをお気づき方がいると思いますが、回復につとめましたが回復することができず機長の判断でパリドゴール空港に戻ります」備え付けのナビシステムを見るとストックホルムの近くで航跡が回ってるのが分りました満タンの燃料を放出するのに30分かかるそうです、3時間かかったということは帰りも3時間かかる訳?戻るのはいいけどすぐに変わりの飛行機があるの?などなど心配事が頭をかすめますがどうしようもありません、一旦待合室で説明を聞きましたが、代わりの飛行機はあるらしい、再び燃料を積み、お客の荷物も積みなおし、結局8時間遅れで日本へ向かった、変な緊張で腰の痛みもすっかり忘れてた、東京が近付いてくる頃、とうとう腰がパンクしてしまった、曲がったまま伸びない伸ばすと無性に痛い、泣きたいぐらいつらかったが最後の力を振り絞ってどうにか我が家に辿り着くことができましたが、最後の最後でとんでもないハプニングに会い、まあこれも旅の思い出の一つになりそうと心にしまい込むことにしました。
e0095142_22113662.jpg

出発の時写したものです
再びパリに着いた時滑走路から見えたコンコルド、今にも再び飛び立ちそう
e0095142_22134556.jpg

by ukuk5656 | 2012-07-24 22:13 | 海外
<< カサブランカ モンマルトルの丘 >>