公園の中を右左

ポピーを写しに行った際、本命のポピー畑に辿り着く前にいろんな花が目にとまり、ついついカメラを向けてしまいました、四季折々この公園では花が途切れることは無いのではと思えるほどです、タンポポの白い綿毛も光を浴びて輝いていて「私を写して!」と言ってるようでした、ヘラオオバコモ線香花火のように自分を主張してるみたいでついついカメラを向けたくなりました、
1、西立川口から花の丘に向かう途中の池のそばで見つけたカルミア
e0095142_1557183.jpg

2、ジャーマンアイリスかな?
e0095142_15593241.jpg

3、タンポポの綿毛、地面に寝転がって下から狙ってみました
e0095142_161982.jpg

4、ハルジオンだと思うけどヒメジオンかな?
e0095142_161395.jpg

5、高い位置に咲いてるヤマボウシですが陸橋の傍なので手で触れるほどでした
e0095142_1642551.jpg

6、ムサシアブミ、なんだか気味が悪い植物、まるで蛇が鎌首を持ち上げてるようです
e0095142_1654582.jpg

7、ヘラオオバコ、線香花火がチカチカしてるみたいです
e0095142_1665899.jpg

8、狭い所でしたがルピナスが咲いていました
e0095142_1682993.jpg

9、ムギセンノウ
e0095142_16105124.jpg

10、おいっ!誰だ!前を横切る奴は
e0095142_16121838.jpg

by ukuk5656 | 2011-05-28 16:12 | 国立昭和記念公園
<< 今年は梅雨入りが早い アイスランドポピー >>